まさに異文化交流・混相流といった具合。

日本は、これだけ情報過多の世の中にあり、
なおかつオンリーワンを良しとする風潮にありながら、
同じようなバンドやグループが多くなってくるのはどういうことだろうか。
「あのバンドまた同じような歌詞に曲だしてるな〜」なんて思ったら、
実はぜんぜん違うバンドで、件のバンドはすでに解散していたなんて、
ある意味ホラーな話もちらほらと。
これからせっかくの夏フェスで、海外からもどしどしと
真に個性的なミュージシャンが押し寄せます。
まさに異文化交流・混相流といった具合に、
これを機に日本でもっと尖ったミュージシャンがでると嬉しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です